Linuxで常時利用可能な端末を必要としていることが判明した場合は、最大3つのボタンを持つ端末を起動する4つの方法があります。

キーボードショートカット

UbuntuとLinux Mintのデフォルトでは、ターミナルショートカットキーはCtrl + Alt + Tにマッピングされています。これを何か他のものに変更したいのであれば、システム - >環境設定 - >キーボードショートカットにメニューを開きます。

ウィンドウをスクロールして、「端末を実行する」のショートカットを見つけます。この設定を変更したい場合は、ショートカット列をクリックし、新しいキーボードショートカットを押します。

右クリックメニュー

端末を開いてノーチラスで開いた場所を常に参照している場合は、右クリックメニューからアクセスするためのパッケージをインストールすることができます。

パッケージをインストールするには、Ubuntu Software Centerを開き、nautilus-open-terminalを検索してください。パッケージをインストールしてからログアウトしてから、Nautilusを再起動してください。

注意:このパッケージはデフォルトでいくつかのディストリビューションにインストールされていますので、既にそこにあるかもしれません。

デスクトップ上または任意のフォルダ内を右クリックするだけで、そのフォルダに直接端末を開くことができます。

ドロップダウンターミナル(Quakeスタイル)

Guakeはあなたが何をしていても簡単にアクセスできるドロップダウンターミナルです。 Guakeをインストールするには、ソフトウェアセンターを開き、guakeを検索します。

注:KDEデスクトップ環境を使用している場合は、YaKuakeをインストールしても同じ効果が得られます。

Guakeがインストールされたら、メニューを開き、 "Guake Terminal"を起動します。

キーボードでF12を押してテストを行ってください。他のすべてのウィンドウの上にドロップダウンターミナルが表示されます。もう一度F12キーを押すと、端末はロールアップして途中から抜け出します。

トレイアイコンを右クリックし、プリファレンスを選択することにより、使用可能なプリファレンスを変更することができます。

キーボードショートカット、ターミナルウィンドウの高さ、ターミナルを非表示にするタイミングなどを変更することができます。

あなたがログインするたびにGuakeを利用できるようにするには、起動アプリケーションとして追加する必要があります。これを行うには、コントロールセンターを開き、Linux MintまたはUbuntuでアプリケーションを起動し、システム - >環境設定 - >起動アプリケーションを選択します。

そしてGuakeをスタートアッププログラムとして追加します。

デスクトップに端末を埋め込む

端末への即時アクセスを得る最後の方法は、端末をデスクトップに埋め込むことです。これを行うには、Compizデスクトップエフェクトを実行できるコンピュータが必要です。

最初のステップでは新しい端末プロファイルを設定します。これを行うには端末を開き、「ファイル」 - >「新規プロファイル」を選択します。このプロファイルは、ウィンドウ名を埋め込むウィンドウを識別する方法であるため、このプロファイルには一意の名前を付けることが非常に重要です。この例ではHTG-termという名前のウィンドウに名前を付けますが、必要に応じて名前を付けることができます。

表示されるプロファイル設定ウィンドウで、作成したばかりのプロファイルのこれらの設定を変更します。

メニューバーを表示: オフ 最初のタイトル: 埋め込みHTG用語 端末コマンドが独自のタイトルを設定している場合: 最初のタイトルを保持する カラースキーム: 白い黒はデスクトップ上に黒いテキストだけを表示しますが、あなたのテーマや背景に合ったものを選ぶことができます。 透明な背景: オン、スライダを任意のレベルに動かすと、デスクトップの壁紙にテキストが簡単に表示されます。 スクロール・バー: 無効

次に、Compiz Configuration Managerに移動し、これらのプラグインがまだアクティブでない場合はアクティブにします:正規表現の一致、ウィンドウの装飾、ウィンドウの規則、および場所のウィンドウをアクティブにします。

ウィンドウの装飾の下に装飾ウィンドウのオプションにtitle!^ embedded-HTG-term $を追加します。

注: '!'はこのウィンドウを除外することを意味し、 '^'はこのタイトルの前に何も来ないことを意味し、 '$'はこのタイトルの後に何も来ないことを意味します。これにより、Firefoxで「埋め込みHTG用語」を検索すると、Firefoxウィンドウがデスクトップに埋め込まれることはありません。それがあなたが望むものでない限り、あなたは '^'と '$'を離れることができます。

タスクバーのスキップ、ポケベルのスキップ、スティッキー、非サイズ変更可能なウィンドウ、非最小化可能なウィンドウ、非最大化可能なウィンドウ、および非クローズ可能なウィンドウの各オプションにtitle = ^ embedded-HTG-term $を追加します。

場所ウィンドウのプラグインで、 "固定ウィンドウの配置"タブをクリックし、新しい項目を "固定位置のウィンドウ"セクションに追加します。新しいアイテムのタイトルに「^ embedded-HTG-term $」と名前をつけ、端末をデスクトップに埋め込む位置を設定します。作業領域に保管するためのオプションをチェックし、ウィンドウを閉じます。

注:ウィンドウの配置は、画面の左上隅で0,0で始まり、右下隅までカウントされます。ウィンドウの位置は、ウィンドウの左上隅をどこにするかによって決まります(例:500×500はウィンドウの左上隅を上から500ピクセル、画面の左から500ピクセル)。ウィンドウの配置が気に入らない場合は、常にAltキーを押しながらマウスの左ボタンでウィンドウを新しい場所にドラッグすることができます。

これで、Alt + F2キーを押してから gnome-terminal -window-with-profile =埋め込み-HTG-用語 デスクトップの背景にターミナルウィンドウを埋め込む必要があります。

注:この端末は開いているすべてのウィンドウの下にありますが、デスクトップアイコンの上にあるため、移動しないようにしてください。埋め込み端末を閉じる必要がある場合は、 "exit"(引用符なし)コマンドを入力します。

新しい端末に点滅するカーソルがないようにする場合は、最後のオプションの手順です。開いた gconf-editor apps / gnome-terminal / profiles / Profile1 / cursor_blink_modeを参照し、値を「off」に設定します。あなたのプロフィールの名前は異なるかもしれませんが、キーは同じ場所にあります。

そしてそこには、Linuxの端末にすぐにアクセスする4つの方法があります。これらの方法のいずれかを使用すると、〜〜から遠く離れすぎてはいけません。

トップのヒント:
コメント: