Microsoftは、Microsoft Office 2010のService Pack 1が2011年6月末にリリースされると発表しました。

SP1には多くの興味深い変更が含まれます。 TechNetに掲載されているこの一覧には、SP1のハイライトのサンプルがあります。これは、今までできなかったことや、元のリリースよりもはるかに優れていることのリストです。

  • Outlookでは、予定の間に「スヌーズ時間」がリセットされないという問題が修正されています。
  • PowerPointの "プレゼンタービューを使用する"オプションのデフォルトの動作が変更され、セカンダリモニタにスライドショーが表示されました。
  • Access Application Part Galleryに統合されたコミュニティコンテンツ。
  • Project ServerとSharePoint Serverの間の連携を強化
  • SharePoint Serverのバックアップ/リストア機能の改善
  • Word Web Applicationは、印刷サポートを「編集モード」に拡張します。

  • Project Professionalは、スケジュールされたタスクをSharePointタスクリストと同期させるようになりました。
  • Office WebアプリケーションとSharePointのInternet Explorer 9「ネイティブ」サポート
  • Office WebアプリケーションのChromeサポート
  • Excel Webアプリケーションを使用してExcelワークブックにグラフを挿入する
  • 検索サーバーでのPPSXファイルの検索のサポート
  • Visio SVGエクスポートでスケーリングの問題と矢印のレンダリングエラーを修正しました。
  • Proofing Toolsは、カナダ英語、フランス語、スウェーデン語、ヨーロッパポルトガル語でのスペルを改善します。
  • Outlook Webアプリケーション添付ファイルプレビュー(Exchange Onlineのみ)
  • Office 2007 SP2からの作業に基づいて、「プログラムの追加と削除」コントロールパネルを使用したOfficeクライアントスイート。

OfficeクライアントスイートとSharePointサーバー製品の両方のSP1リリースが利用可能になります。 SP1のすべての言語バージョンが同時にリリースされます。当初、Service Pack 1は、ダウンロードセンターおよびMicrosoft Updateからマニュアルダウンロードとして提供され、リリース後90日以内に自動アップデートとして提供されます。

トップのヒント:
コメント: